ダイエット医薬品のリデュースとゼニカルは一体何が違うの?

リデュースとゼニカルについて

リデュースとゼニカルについて

リデュースとゼニカルはどちらもダイエット系医療薬品ですが効果は大きく違います。リデュースは食欲を抑制する薬、ゼニカルは脂っこい食べ物の油の吸収を弱めて体外に排出する薬です。

リデュース(食欲抑制剤)の効果はリデュースに含まれるジブトラミンという成分が脳内伝達物質のセロトニンをコントロールすることで空腹を感じないようにするものであり、つまり脳に働きてダイエットをしているということです。

そしてこの薬は副作用が強く、口や喉の酷い乾き、心拍数上昇、不眠などが報告されています、そして心臓発作による死亡例などもあり大変リスクが高いです、ですから服用する際はよく気をつけて服用してください。

ゼニカルは食事の後に服用することで脂肪を人の身体が吸収出来るようにするために小さく分解する作用がある消化酵素のリパーゼの働きを弱めて油を体外に排出することでダイエットをしています。

つまり身体に吸収されなかった油が便に混じったりくしゃみやおならをしたときに油が漏れるということが起こる可能性があり、そのほかにもお腹が緩くなるなどの副作用があります。

もしダイエットをする際にリデュースやゼニカル、その他の医療薬品を服用する際はその薬を服用する事による副作用を理解して服用しなければなりません。

この2つの薬品を服用するにあたって副作用が強く感じて、本当に服用して大丈夫なのかと不安に思う人もいるかと思いますがどちらの薬品も違法ではなく、用法・用量をしっかりと守ればあまりに強い副作用は起こりません。

効果を感じないからといって通常の2倍や3倍も服用するのは危険なのでやめておいてください。最悪上にも書いたように死亡する可能性もありますし、本当に効果を感じない場合はその薬品が身体に会わない可能性もあるので別の薬を試してみたほうがいいでしょう。

この2つの薬品の副作用を見て、危険な薬品だと思う人もいるかも知れませんが、どんな薬品でも用法・用量を守らなければ死の危険が皆無ということはありません。

これからこの2つのどちらかの薬品を服用してダイエットをする方は、よく効果、副作用を理解して、本当にこの薬品が自分の身体に合っているのかを確かめてから服用してください。

例えばゼニカルを服用するのであれば、元々お腹が緩い方やくしゃみやおならをよくするという方は他の自分の身体にあった薬品をよく探したほうがいいでしょう。

そして先ほども言いましたが効果が感じられなくても用量を越えて薬品を服用するのはやめておいたほうがいいです。